%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%9f%e3%82%bb%e3%82%af  1

【漫画】デミセクシュアルってなに?|絆を感じた相手にだけ性的魅力を感じる

2018.11.01

デミセクシュアル(Demisexual)という言葉を聞いたことがあるだろうか。これは、絆を感じた相手にだけ性的魅力を感じる恋愛のありかたのことだ。半性愛と呼ばれることもある。

  • 1. デミセクシュアルをなにかにたとえると…?
  • 2. デミセクシュアルについてもっと詳しく
  • 3. デミセクシュアルも多様なセクシュアリティのうちのひとつ
  • デミセクシュアルは「なんとなく耳にした曲を繰り返し聴くうちに、その曲に魅力を感じるようになる」状況と似たものがある。

    この漫画の主人公が聞いているのは、ある日なんとなく耳にした曲。それを何度もなんども繰り返し聞くうちにその曲に魅力を感じて好きになっていっている。

    デミセクシュアルも、出会ったばかりで関係性が築けていない相手や絆のない相手に性的欲求を感じることはない。強い絆が生まれたと感じた相手にのみ魅力を感じ、性的欲求が湧くのだ。

    「絆が生まれたときに魅力を感じるのはわかったけれど…。それってどういうこと?」そう感じる読者もいるのではないだろうか。ここからは、デミセクシュアルについてより詳しく説明していく。

    デミセクシュアルの人は、初対面では恋愛感情や性的な魅力を感じることはない。たとえ初めてあった相手がどんなに好みの顔立ちでも、素晴らしいステータスを持っていたとしても、精神的な結びつきが生まれない限りはその相手に性的欲求を抱くことはないのだ。

    デミセクシュアルの人は相手との心の結びつきをとても大切にする。そして、強い絆を感じて性的欲求を抱く相手が異性だけとは限らない。結びつきを感じる相手が同性だった場合も、性的欲求に発展する可能性はある。

    ここで気をつけたいのは、必ずしも「デミセクシュアル=絆を感じた相手なら性別に関わらず性的魅力を感じる」というわけでもないということだ。デミセクシュアルの中にも「絆を感じた相手の中でも女性だけに性的魅力を感じる」「絆を感じた相手のうち男性に性的魅力を感じることの方が多い」という人もいる。

    強い絆を感じた場合に性的な魅力を感じるという恋愛のありかたと、「男性を好きになる」「女性を好きになる」などの性的指向(どんな性別の人を好きになるか)は分けて考える必要がある。

    強い絆を感じて初めて恋愛に発展するデミセクシュアルは、仲が良く強い絆のある友人に性的な魅力を感じることがある。それが異性の友人だった場合には、相手も自分も"デミセクシュアルである"ということに気づかないまま交際に発展する場合もあるようだ。

    デミセクシュアルについて説明したが、「わたしも絆がない相手には性的欲求は持たないなあ」と感じた読者もいるのではないだろうか。

    実は絆を感じた相手にだけ性的欲求を持つ人は少なくない。デミセクシュアルは"特別なセクシュアリティ"ではなく、多様なセクシュアリティのうちのひとつにすぎないのだ。

    「セクシュアリティの分類が多過ぎてよくわからない」という声を耳にすることもあるが、裏を返せば、"セクシュアリティはどこまででも細分化できるくらい多様なもの"であるということ。

    自分がデミセクシュアルかもしれないと感じた人もその部分にフォーカスしすぎ、"自分らしさのひとつ"ととらえてみてほしい。

    FOR YOU

    MORE