Employee of the month  1

パレット占い|女性を愛する女性のための星占い 2019年1月

2018.12.31

みなさん、あけましておめでとうございます。

「パレット占い」は、女性を愛する女性のための星座占い。宇宙の流れをひもときながら、1月のアドバイスを12星座別にお伝えしていきます。

あなたと、あなたを取り巻く彼女たちとの運勢を見ていきましょう。

今年のあなたは、1月からスタートダッシュ。情熱的に未来を切り開くエネルギーによって突き動かされていきます。おすすめしたいのが、自分の心の落ち着く場所で"2019年の抱負"をしっかりと考えてみることです。

「まあとりあえず今年はこんな感じかな…」ではなくて、心からときめくものを掴み取りに行く気持ちで「今年は、これ、やります!(結構難しいけど!)」と、自分に宣言をしておく。新しいことにチャレンジするならば思い切って年始がいいですよ。

愛情面においては、仕事でも勉強でも趣味でもいいんですけど、同じ志を語り合える女性との縁が深まっていきます。共通の物事に対して「私たちふたりいれば、もっと理解が深まるじゃん」とか「もっと成果が出るじゃん」みたいな感じで。

まず、去年は色々とお疲れさまでした。年が始まって、忙しない気持ちになっていくかもしれませんが、まずは焦らずにこの2019年をどのように楽しんでいきたいのか、想いを馳せてみましょう。

大勢というよりも特定の仲のいい人たちと心をかよわせていきながら、自分の今までのこと、そしてこれからのことに向き合っていくあなた。「考えてみたら、昔あったあのできごとって今に繋がっているんだなあ」と、そんな実感を得ながら進んでいけると思います。

愛情面でキーワードとなるのが「求められることに、適切に応える」ということ。人から頼られることがあったとしてもあなたの包容力ですべて受け止めてあげなければいけない、というわけではありません。密接に人と関係性結ぶときにあなたの心が落ち着いていられるかを、きちんと気にしてあげてくださいね。

「2019年をどんなふうに楽しんでいこうか」と自由に発想することが、あなたらしい1年のスタートをつくる大切な一歩になります。特に「チームで何をするのか」ということを考えていきましょう。

チームというのは、団体競技の部活やスポーツチームという意味だけではありません。たとえば恋人ともふたりのチームですし、家族やSNSで繋がっている人たちとも、あなたは小さなチームを持っているはず。ひとりではなく、"誰かと"何ができるかを意識してみてほしいのです。

愛情面では「あ、この人とパートナーでいたいな」と思えるような出会いに縁のある時期です。今月だけでなく、この運気は今年のひとつの大きなテーマです。自分の直感的な"いいね"に忠実に「あなたに興味があります」とまっすぐ伝えていってOK。

仕事や学校、社会に求められて引っ張りだこになっていく。あなたの1年はそんな風にはじまっていきます。特に年の初めには大きな挑戦や勝負の選択を迫られることもあるかもしれません。人との交流にも幅が出ていきます。

「正直、そういう揺れ動きって苦手なんだよな」と思う人も多いと思いますが、あなたは今、自分の"ときめき"を大切にしておけば、大丈夫。多少まわりを振り回してしまうくらいでも「まあいっか」と自分を許してあげてください。ちゃんとみんな喜んでくれます。

愛情面でも、あなたがいつも頑張っている細やかな気遣いと優しさだけでなく「私これが良いと思うので、もしあなたも良いと思うなら、ついてきて。一緒に楽しめたらそれはそれで最高」くらいに自分を貫いてみて。

勝負に出るためのインプットと旅。あなたの1年はそんな風に始まっていきます。最初から勝負をしかけるというよりも、今は視野を広げていつでもダイナミックに挑戦できる準備をしていく、そう心がけてみてください。

いつも誰かの中心になりやすいあなたが、さらにスポットライトをあびていくのが2019年。自分の愛することに挑戦したり、愛する人との時間を大切にしたりしながらクリエイティブに運を開いていくことができます。

愛情面は華やかな運気。パートナーになりたいと思える人がいるなら、積極的にアプローチしていきましょう。ただあらゆる関係性においてあなただけが頑張る必要はないのです。「私も頑張ったけど、あなたも私のために頑張ってくれたよね」と言える相手だと、とても良いです。

「私の帰るべきホームってどこなんだろう?」と考えていくことから1年がスタートします。去年のあなたって、ときには新しいことにも挑戦しながら、自分のできることの幅をがんばって広げてきたと思うのです。

その土台を生かしてあなたは今、好きなことをやっていく。そして、1日がんばった自分がどこに帰るのかということも決めていく。その場所をさらに心地良いものにしていく。そういう時期が来ています。

愛情面でも、"帰るべきホームのような人"があなたを支えます。「私ってあなたのそばにいると、どうやら息がしやすい」と感じられる人にしっかりと愛着を持って接していくことで、落ち着ける関係性を築いていくことができますよ。

たくさんの人との関わり合いを通して運を切り開いていくときです。思わぬところから声がかかったり、信頼している人からの紹介などを通じて、人と会っていきます。それによって、自分の見ている世界をぐんぐん広げていくタイミングです。

ただその縁を待っているだけでなく、あなた自身でも自分の活動範囲を広げるために、掴みに行ってほしい。できれば、いつもは断っていたお誘いや遊びがあれば今回は特別に乗っかっていってほしいのです。

愛情面では態度よりも、言葉に出した愛情表現を大切に。少し照れくさくても「あなたがいてくれてよかった」と、感謝を伝えることができる相手と仲が深まっていきますよ。

年始の忙しさをバシバシさばきながら、新しい人や知識とたくさん巡り合っていく時期。「正直たくさんのことを考えるのは苦手」と思う人も、いい機会だと思って挑戦してみてください。

あなたって、一度尽くすと決めたことや、頑張ると決めたことに対してとても一途な人です。ただ、年始には少し「私ってこのままこの道を行って、良いんでしたっけ?」と今までの慣習や前提に問いかけをするタイミングも出てきます。忙しさの合間に、そういうことをじっくり考える時間も有意義です。

愛情面では、とにかく相手と実際に会う時間を大切にしていくこと。SNSや電話だけでなく、ちゃんとその人の表情がわかる距離で見つめてみる。気になる人には「会いませんか?」と言ってみてください。

あなたがあなたらしく自分を表現し、愛することや人のために時間を使っていくのタイミングなのですが、とにかく強く追い風が味方することを覚えておいてください。結構、無敵ゾーンです。

楽しいと思える方向に自分自身を向かわせることができるので、とにかく今は「スポットライトが自分に当たっているんだ!」と少し主人公気取りで目の前のことに取り組んでいってほしいのです。

愛情面でも、今のあなたは無敵ゾーンにいます。ほしいと思う関係性や言葉、愛情表現があるならば、自ら取りに行くつもりでアプローチしていきましょう。「私これやりたいんですが、あなたが良ければご一緒に」と、いろんな場所に誘ってみるのも吉です。

新しい挑戦のために、たっぷりと助走をとっていく時期。しっかりと過去に向き合ったり、やるべきことを通じてあなたは、自分に何が必要かということを確かめていきます。

それからもうひとつ「自分の落ち着く居場所ってどこなんだろう」ということを考えていきます。家なのか、職場なのか、それとも親友やパートナーとの関係性の中なのか。自分が帰ってきてホッと一息つくことができる場所、それがどこなのかということを改めて考えていきます。

愛情面においては、これも落ち着く場所と関係があるのですが、自分が素のままでいられる相手と縁があります。あなたはしっかりものですし、社会に合わせるということが"大人として"できます。そういうのをぱっと取り払える相手ということです。

あなたは今年、人との掛け算を実感していきます。自分ひとりでやるよりも、仲間たちと一緒に目標を達成していくこと、夢を広げていくことを意識しながら時間を使っていってほしいのです。

インプットするにもいい時期で、あなたの特技でもある革新的なアイディアの基盤をさらに積み上げていくとき。ただし、そういうのをひとりでやるのではなく、今月はぜひ誰かを誘ってみてください。

あなたの好奇心をシェアできる相手に「ちょっとおもしろそうだから、よければ一緒にいかがでしょう」と声を掛けていくことでぐっと距離が縮まっていきます。何かを吸収したあとに、その人とそれを共有する。ふたりだけの共通の話題を積み上げていく。そういう感じで。

バタバタと忙しい年始ですが、まずは心を落ち着けて「今年は何をしようかな、どうやって楽しもうかな」ということをじっくりと、考えていくことができるタイミングです。

あなたにとって楽しいというのは、単に"経済的に豊かになる"とは、全く逆のことだったりします。金儲けができることよりも、あなたの心が潤っていくのかということ。仕事や勉強、社会との関わりを通じてそういうことが一体何なのか、もう一度自問自答していくでしょう。

愛情面でテーマにしてほしいのは、ちょっと計算高く聞こえてしまうかもしれませんが、"目標からの逆算"。相手のいつもの様子を思い出して「ふたりで良い時間を過ごすにはどんな場所や雰囲気、音楽、料理、シチュエーションが合うんだろう?」と考えを巡らせながら、良い時間をクリエイティブにデザインしてみてください。


(イラスト:shiomi

FOR YOU

MORE